海外在住者のお得情報

海外にいながらお小遣いを稼ぎたい方のために、ポイントサイトのハピタスを使って確実に月2万円稼ぐ方法を教えます。

海外から、ハピタスを使って稼げる案件と、その注意点は?

ハピタスにはいろいろな案件がありますが、効率的にポイントを稼げる案件は、1.FXの入会案件 2.クレジットカードの入会案件 です。

どの案件にも言えることですが、キャンペーンの内容は時間が経つと変わります。それまで数千ポイント程度だった案件が、年末になると1万ポイントを超える案件になることもあります。

そのときになって、しまった!もう入会してしまった!と後悔しないように、最初に全部申し込むのではなく、月2万ポイントを目標に、申し込みを抑えるのがコツです。

1.FXの入会案件

特に注意することはありません。ハピタスのFX案件のページ

から、高額な案件から順に申し込んでいけばいいでしょう。月に複数件申し込んでも、それ以上申し込めなくなったり、申し込みを断られることはありません。

ただし、上に書いたように、ポイントが増えることもありますので、一度に全部申し込まず、1万ポイント以上の案件だけ、申し込むようにしましょう。

2.クレジットカードの入会案件

注意点が2つあります。それは、

  1. 申込みを月1枚に抑えること
  2. 簡易書留で郵送されてくるクレジットカードを選ぶこと

です。

 

まず、「1.申込みを月1枚に抑えることは、月2枚以上申し込むと、カードの入会審査に落ちる可能性が高まるからです。

もし入会審査に落ちたときは、6ヶ月間はカードの新規申し込みをしてはいけません。これは、自分の信用情報に、入会審査に落ちたという経歴が、6ヶ月間残るためです。この期間は、カードの新規申し込みをしても落ちると考えてください。

無理して月2枚以上申し込み → 審査に落ちる → 6ヶ月間カードを作れない

というループに入ってしまうと大損です。6ヶ月あれば、6枚のカードに申し込み、6万ポイントを稼げたかもしれません。そのチャンスを逃さないように、申込みは月1枚に抑えましょう。

 

次に「2.簡易書留で郵送されてくるクレジットカードを選ぶこと」。

クレジットカードは、本人限定受取郵便、または簡易書留で郵送されてきます。

もし本人限定受取郵便ですと、家族や親族では絶対に受け取れません。そのため、簡易書留で郵送されてくるクレジットカードを選ぶ必要があります。

クレジットカードの郵送方法は、そのカードのウェブサイトの「お申込みの流れ」といったページに書いてあることが多いです。もし見つからない場合は、コールセンターに電話すれば教えてくれますよ。

ハピタスのクレジットカードの入会案件のページ

に行って、カードが簡易書留で郵送されてくることを確認した上で、月1枚だけ申し込みましょう。

海外にいながら、ハピタスを使ってお小遣い稼ぎをするための条件とは?

このブログでは、海外からハピタスを使ってお小遣い稼ぎをする方法を説明していますが、残念ながら誰にでもできるわけではありません。そのためには条件があります。

それは、

日本に住所があり、そこに協力してくれる家族・親族がいること

です。

ハピタス経由でクレジットカードを申し込むと、カードは日本の住所に簡易書留で郵送されてきます。簡易書留は同居している家族・親族であれば受け取れますが、受取人がいないとカード会社に返送されてしまいます。

また、FX口座を申し込んでも、ユーザー名とパスワードがやはり簡易書留で郵送されてきます。

このため、海外にいながら、ハピタスを使ってお小遣い稼ぎをするためには、日本に住所があり、そこにいる家族・親族が、簡易書留を受け取り、開封して、カードや書類の写真を撮影して、海外にいるあなたに送信する必要があるんです

日本に住所がない方や、住所があっても郵便物を受け取ってくれる家族・親族がいない方は、残念ながらハピタスを使ってお小遣い稼ぎをすることはできません。

海外へ出る前に、日本でやっておく必要があることは?

海外でハピタスを使ってお小遣い稼ぎをするなら、日本を出る前に、次の2つは、必ずやっておく必要があります。

 

1. 「マイナンバーカード」または「マイナンバー通知カード」を受け取る。

ハピタスで一番ポイントが稼げるのはFX口座です。

FX口座をオンラインで開設するときには、「マイナンバーカード」または「マイナンバー通知カード+パスポート」の画像をネット経由でアップロードして、本人確認をする必要があります。

ですので、日本を出る前に、「マイナンバーカード」または「マイナンバー通知カード」のどちらかを入手しておきましょう。

マイナンバー制度が始まったのは2016年1月です。この時点で住民票を抜いて海外に転出していた人は、マイナンバーを持っていません。この場合は、一度日本に住民票を戻して、マイナンバーを入手しましょう。

ハピタスやFX口座は、本来は日本在住が条件です。マイナンバーを入手した後で住民票を抜いた場合は、本来はハピタスを利用することはできません。ただし、マイナンバーを入手した後で住民票を抜いても、特に支障なくハピタスを利用できるようです。

 

2. メガバンク3行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)のどこか1行に口座を開設し、インターネットバンキングに申し込む。

海外にいてクレジットカードを申し込むとき、この3行のインターネット口座があれば、オンラインでカードの口座振替が申し込めます

カードによっては他の銀行でもできることがありますが、どのクレジットカードでもほぼ確実に申し込めるのは、この3行です。

日本にいるうちに、この3行のどれかの口座を開設し、インターネットバンキングが使えるようにしましょう

また、オンラインで口座振替を申し込むことで、郵送されてくるクレジットカードが、本人しか受け取ることができない「本人確認郵便」ではなく、家族でも受け取ることができる「簡易書留」で来るという、オマケの効果もあります。

 

海外でポイントサイトを使ってお小遣い稼ぎをするなら、海外に出る前に、上の2つは確実に済ましておきましょう。

海外にいながら、ポイントサイトのハピタスに入会する方法とは?

海外在住者がハピタスに入会しようと思っても、ハピタスでは電話による確認作業があり、この電話番号には海外からかけることができません。

このため、ふつうのやり方ですと海外にいるときはハピタスの入会手続きはできません。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

しかし、この電話確認を海外から行う方法があります。スマホアプリの SMARTalk を使えば、この確認電話番号に電話をかけることができます。

SMARTalk の登録には、クレジットカードが必要です。

 

 

気になる SMARTalk の通話料は、基本料0円、日本国内への通話は8円/30秒です。

ハピタスの認証は一瞬でおわりますので、認証に必要な費用は8円だけということになります。

SMARTalk を1年間使用しなかった場合は解約されるようですので、番号を継続して使いたいときは、年に1回だけ通話するようにしましょう。

 

ブログ主は ちょびリッチ にも登録していますが、ちょびリッチの登録には、日本の固定電話または携帯電話が必要です。海外から登録することはできません。

海外で確実に月2万円稼ぐ方法

海外に住んで、お小遣い稼ぎをしたいとき、一番早く・確実にお金を稼ぐ方法は、ポイントサイトを使うことです。

 ポイントサイトにはいろいろありますが、このブログでは、ハピタスを使ってお金を稼ぐ方法を説明していきます。

 

ハピタスとはポイントサイトです。サイト内にはたくさんの広告があり、会員がその広告経由でショッピング、カード申込み、資料請求、アンケート回答などをすると、広告主からハピタスに広告料が入ります。

ハピタスは、利用した会員にその広告料を返しています。

 

ハピタスのポイントには1ポイント=1円の価値があり、現金化できます。

FX の入会やクレジットカードの申し込みですと、1回で1万円以上の案件もありますので、月2万円稼ぐことは難しくありません。

 

また、ハピタスには「ハピ友」という制度があります。

これは、紹介した友達が獲得したポイントの10%~40%を毎月獲得できる制度です。

友達のポイントの10%~40%をずっともらい続けることができます。

 f:id:thailaw:20170510182324p:plain

家族や友達、ブログなどで紹介して、ハピ友を増やせば、何もしなくてもポイントが入って来ます。

例えばこちらのブログの方は、ハピ友からのポイントを毎月20万ポイント以上(=20万円相当)獲得しています。

まずはハピタスに入会して、ポイントを獲得し、ハピ友を増やすことを目指しましょう。右側のバナーにあるのは、ブログ主のハピ友のリンクです。こちらから入会していただければ、入会者に30ポイント入ります。

 

kaigaiotoku.hatenadiary.com